5986

航ジャンボ機jal123便撃墜事件 m氏の証言_完全版

航ジャンボ機jal123便撃墜事件 m氏の証言_完全版

M氏[14]:そういうことは特に感じませんでした。 Q6:機体が激しく衝突し炎上した墜落現場に木立が残っているのは不自然だとよく指摘されるのですが、実際に見てどうでしたか? M氏[15]:言われてみたら、確かに変ですよね。日航123便ジャンボ機墜落事件で、上野村消防団と共(とも)に 長野県警・機動救助隊の深沢隊員や柳沢隊員が生存者4人発見救出の一翼を 担(にな)ったことで、当時長野県警本部長が中曽根康弘の不興(ふきょう)を1985年8月12日、乗客・乗員524人を乗せた、ほぼ満席のジャンボジェット機が墜落した。520人が死亡、わずかに4人が奇跡的に生還した。「jal123便事故」だ。もう12年になる。若い人には遥か昔の事件に感じられるだろう。

池田昌昭氏の著書「jal123便 墜落事故真相解明」に書かれた伊豆半島東岸、河津町での目撃談で(*1) (1)「いつもの二倍近い大きさに見えた。大きく右旋回したので不思議に感じた。」 というものがあります。当時訓練で標的機を飛ばしていて、それが操縦不能になって、行方が分からなくなり、そのとき近くを飛んでいた123便にぶつかったんだ。墜落現場には標的機のオレンジ色の残骸があったから、誰もいないうちにヘリで回収したんだ」と言っていました。毎年8月12日になると御巣鷹山に墜落した日航ジャンボ機の事故が話題になる。こうした事故を繰り返してはならないが、垂直尾翼と油圧系統を.

関与要因としては、数機の航空機が進入の順番を待つため待機していた悪天候下において、機長の飛行経路の監視が不十分であったこと、さらに重要なことは、副操縦士が機長に会社規定に違反していることについて、その是正を要求しなかったことにある.

航ジャンボ機jal123便撃墜事件 m氏の証言_完全版 download

この真実が明らかになるのもそう遠くないことを祈ります。 ーーーーーーーーーーーー 日本と世界の闇の権力者間で起こった核兵器開発を巡る軍事衝突。その背景には為替レートを円高誘導せよという国際金融寡頭勢力と、それを拒否する日本経済界の壮絶なしのぎ合いがあった。

航ジャンボ機jal123便撃墜事件 m氏の証言_完全版 best