9953

金田一 耕助 シリーズ 5 死 仮面

金田一 耕助 シリーズ 5 死 仮面

金田一ものではないノンシリーズ中編。横溝先生の最後の作品だそうです。 戦争中に大怪我を負い記憶を無くした上海太郎氏は、自分がどこの誰かも判らぬまま日本に戻り、その土地に住みつくこととなった。死仮面がやや中長編の物語で、ほか金田一耕助が登場しない短編一編という内容でした。死仮面のほうは、さすがの構成の事件のトリックと背景、犯行の動機でした。 ただ、短編っぽく読みやすかった半面、他の長編作品と比べるとディテールが浅いかな?七つの仮面(東京昭和23年2月号掲載の「聖女の首」を金田一耕助シリーズに改稿)/講談倶楽部 昭和31年8月号; 華やかな野獣/面白倶楽部 昭和31年12月号; 霧の中の女/週刊東京 昭和32年1月; トランプ台上の首/オール読物 昭和32年1月号

^ a b 宝島社『別冊宝島 僕たちの好きな金田一耕助』 金田一耕助登場全77作品 完全解説「16.死仮面」参照。 ^ 角川文庫『死仮面』巻末の中島河太郎による解説参照。死仮面の舞台、岡山駅前/金田一耕助シリーズの聖地巡礼/岡山の街角から. hpの舞台探訪へ、金田一耕助作品の『死仮面』を.古谷一行主演の人気ミステリードラマ「金田一耕助」シリーズ第26弾。岡山県の黒姫村を訪れた金田一。村の神楽の日に彼は偶然、殺人事件と遭遇する。現場に残されたのは飛び散った鮮血と凶器の鎌、蛇、鎖。これらの凶器の関連性に金田一は気づき始め…。

概要と解説. 本作は1949年に中部日本新聞社刊行の『物語』5月号 - 12月号に掲載されたが単行本に収録されず、幻の作品となっていたものが発掘されて、1982年にカドカワノベルズ『死仮面』(旧書籍コード 0293-771401-0946(0) )に収録された 。

金田一 耕助 シリーズ 5 死 仮面 download

日本の推理小説作家の大家・横溝正史(よこみぞせいし)さんが生前残された作品は数多くありますが、有名なのはやはり金田一耕助シリーズでしょう。これまでに映画やテレビドラマなど、幾多の名優たちによって幾度となく映像化されてきた金田一耕助シリーズ。横溝正史の金田一耕助シリーズは全部で77作品発表されています。(ジュヴナイル作品を除く) このうち半分近くの作品が新刊で読めなくなっています。横溝 正史『死仮面 「金田一耕助」シリーズ (Kindle)』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約8件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

金田一 耕助 シリーズ 5 死 仮面 best

角川文庫版『死仮面』は、現役なのですが、本当に差し替えをするのでしょうか? 当時中部日本新聞に、「死仮面」欠落部分の探索を呼びかける記事が 掲載された旨、角川文庫解説に記されている。 ・幻の長編ヤーイ - 横溝正史さん「金田一耕助シリーズ古谷一行の金田一耕助シリーズ キャスト 古谷一行の金田一耕助シリーズ(ふるやいっこうのきんだいちこうすけシリーズ)では、横溝正史の推理小説「金田一耕助シリーズ」を原作とする、古谷一行主演のテレビドラマシリーズについて説明する。というのも、笛小路泰弘は昨年軽井沢のプールで不審な死を遂げており、阿久津謙三も年の暮れに不慮の交通事故で死亡していたのだ。さらに、今度は軽井沢の別荘で槙恭吾が死体で発見されるに及び、忠熈は金田一耕助に調査を依頼したのである。